部屋に合ったストレスのないレイアウトをする

ベッドのサイズが決まれば、次に部屋をチェックします。チェックの際は、寝室にクイーンベッドが入るのかや周りに歩くスペースは保っているかなどを確認しておきましょう。

スペースを作ってゆとりを持つ

睡眠

歩くスペースを確保する

ベッドの脇には歩くスペースを確保しておくようにしましょう。また、ベッドから60センチ程度余裕があると問題はありません。そうすることで、ベッドへの出入りがスムーズにできます。

壁の間にもスペースを作る

ベッドを壁に寄せる時は、掛け布団が落ちることが多くなります。その為、壁から10センチ程度空けておくようにしましょう。

ベッドメイキングにもスペースが必要

ベッドを2台くっつけて使用する場合であれば、ベッドとベッドの間に多少のゆとりを持つとベッドメイキングがしやすくなるのです。また、部屋のつくりの関係で2台付けて使用するのであれば大きいサイズのシーツを使うと便利になります。

広告募集中